2013年12月アーカイブ

2013年はミランにとってどんな年だったのでしょうか?
バロテッリの加入
バルセロナへの勝利
12-13シーズン最終節で3位をキープ
上手くいかないメルカート
CL予備予選勝利
カカの復帰
ふるわない成績
クラブ首脳陣の内紛
CL決勝トーナメント進出
そして本田の加入決定。
昨シーズンは出だしで躓きながらも合格と言える結果を残しました。今シーズンはまだまだ不調を抜け出せずに年越しを迎えます。我々日本人にとっては来年から加入する本田への期待で迎える年越しになりそうですね。

今日は今年一年の成績をまとめてみるのと、ここ10シーズンはどういった順位で17節終了を迎え最終順位がどうであったのかを書いてみたいと思います。

◎2013年ミラン全試合記録
*セリエA
37試合 勝ち点64 17勝13分7敗
58得点40失点
*チャンピオンズリーグ
8試合 3勝3分2敗
10得点9失点
*コッパイタリア
1敗
1得点2失点

*公式戦全試合 
46試合 20勝16分10敗
69得点51失点

*月別成績
・1月 3勝1分1敗
ミラン-シエナ2-1 ユベントス-ミラン2-1 サンプドリア-ミラン0-0 ミラン-ボローニャ2-1 アタランタ-ミラン0-1
・2月 3勝2分
ミラン-ウディネーゼ2-1 カリアリ-ミラン1-1 ミラン-パルマ2-1 ミラン-バルセロナ2-0 インテル-ミラン1-1
・3月 4勝1敗
ミラン-ラツィオ3-0 ジェノア-ミラン0-2 バルセロナ-ミラン4-0 ミラン-パレルモ2-0 キエーボ-ミラン0-1
・4月 1勝2分1敗
フィオレンティーナ-ミラン2-2 ミラン-ナポリ1-1 ユベントス-ミラン1-0 ミラン-カターニア4-2
・5月 3勝1分
ミラン-トリノ1-0 ペスカーラ-ミラン0-4 ミラン-ローマ0-0 シエナ-ミラン1-2
(12-13シーズン終了)
14勝6分3敗
(13-14シーズン開始)
・8月 1敗
ヴェローナ-ミラン2-1
・9月 3勝2分1敗
ミラン-カリアリ3-1 トリノ-ミラン2-2 ミラン-セルティック2-0 ミラン-ナポリ1-2 ボローニャ-ミラン3-3 ミラン-サンプドリア1-0
・10月 1勝3分2敗
アヤックス-ミラン1-1 ユベントス-ミラン3-2 ミラン-ウディネーゼ1-0 ミラン-バルセロナ1-1 パルマ-ミラン3-2 ミラン-ラツィオ1-1
・11月 1勝2分2敗
ミラン-フィオレンティーナ0-2 バルセロナ-ミラン3-1 キエーボ-ミラン0-0 ミラン-ジェノア1-1 セルティック-ミラン0-3
・12月 1勝3分1敗
カターニア-ミラン1-3 リボルノ-ミラン2-2 ミラン-アヤックス0-0 ミラン-ローマ2-2 インテル-ミラン1-0
6勝10分7敗

◎過去10年の17節終了時成績と最終順位
94-95
勝ち点28 4位
最終順位 4位
95-96
勝ち点34 1位
最終順位 優勝
96-97
勝ち点25 7位
最終順位 11位
97-98 
勝ち点24 9位
最終順位 10位
98-99
勝ち点30 4位
最終順位 優勝
99-00
勝ち点31 5位
最終順位 3位
00-01
勝ち点27 5位
最終順位 6位
01-02
勝ち点30 5位
最終順位 4位
02-03
勝ち点39 1位
最終順位 3位
03-04
勝ち点42 1位
最終順位 優勝
04-05
勝ち点38 2位
最終順位 2位
05-06
勝ち点37 3位
最終順位 3位
06-07
勝ち点17 13位
最終順位 4位
07-08
勝ち点22 9位
最終順位 5位
08-09
勝ち点33 3位
最終順位 3位
09-10
勝ち点34 2位
最終順位 3位
10-11
勝ち点36 1位
最終順位 優勝
11-12
勝ち点37 1位
最終順位 2位
12-13
勝ち点27 7位
最終順位 3位
13-14
勝ち点19 11位

今年と同じような成績では06-07シーズンの成績ですが、この時はカルチョーポリ(八百長問題)があった年でユベントスが2部落ちしてミランは勝ち点ペナルティがありました。しかし、後半戦からロナウドが入ってリーグ戦で大活躍してくれたためにCLでの優勝とリーグ戦4位という順位を勝ち取れました。
単純な比較の出来ない難しい年ではありますが今年よりも厳しい成績で4位にはなっていますね。この年のロナウドのように本田が活躍してくれれば良い結果を残せるでしょう。

ミラン選手のミラネッロ集合は12月30日になるそうです。年明けも早々1月6日から試合があります。みんなリフレッシュして新たなスタートを切ってくれる事を祈ります。

Forza Milan !!!!

今回で公式戦211回目となるミラノデルビー。ミランは絶不調の中この難しい試合を迎えました。過去6戦の戦績は2勝3負1分、ここ最近ではかなり分が悪い。そんなデータも吹き飛ばしてしまう結果を期待したんですけどね。。。
今日はデルビーでのスタッツ、考察や私の思うデルビーについて書いてみます。

◎主要チームスタッツ
インテル ○○○ ミラン
15          シュート          17
7         枠内シュート      4
8         枠外シュート      7

          シュートゾーン
2        ゴールエリア内    0
6    ペナルティエリア内 10
7    ペナルティエリア外 7

412         パス本数          468
60          ロングパス       85
332      ショートパス      356
325      パス成功本数      388
87        パス失敗本数      80

47%ボールポゼッション53%

58%     空中戦勝利率      42%


ガゼッタ デロ スポルト  ミラン採点
MOM ボネーラ  7
アッビアーティ 6
デシリオ            5.5
サパタ               5
コンスタン        5
ポーリ               5
デヨンク            6
ムンタリ            6
サポナーラ        6
バロテッリ        5.5
カカ                   5.5
エマヌエルソン 5.5
マトリ                5
パッツィーニ     なし
アッレグリ         5.5
チーム                5.5

◎考察
ス タッツを見るとほぼ互角な試合であることが良くわかりますね。むしろミランの方がポジティブな数字です。ただしこれはお互いにミスが多く、デルビーらしい 試合であったからこその数字とも言えるでしょう。ガゼッタの採点を見ても負けたチームとは思えない採点がついている選手もいますしね。

◎デルビーとは
デルビーでの勝利に必要な事の大部分はメンタルであると私は思います。
目の前の相手にただ勝つことだけを考え、身体をぶつけ合ってボールを保持する。そんな試合に負ける事は許されない。ミランは過去に6-0でデルビーを勝利した事があります。そのことを未だにスタジアムでチャントとして歌い相手を煽ります。そういう試合なんです。
そ んな試合にリーグ戦初先発の選手を起用しなければいけないほどミランの台所事情は現在厳しいです。サポナーラは良い選手ですがデルビーを正しい心持ちで 戦っているようには見えませんでした。競り合いの時に相手にボールを譲るようなプレーをした時には殺気さえおぼえました。



この試合でミランは本当に追い込まれてしまいました。
勝ち点も上位陣とは2桁差をつけられ降格圏とは5ポイント差。年明けから加入する本田には相当なプレッシャーがかかります。しかし活躍すれば救世主扱いをされて一気にミラニスティのアイドルになることでしょう。

私は本田を信じています。
彼は活躍出来るでしょう。
今まで彼が越えてきた逆境は並大抵のものではない。今のミランに必要なのは彼の持っている強いメンタリティとリーダーシップです。技術は疑う余地はありません。ミランに自信を与えてくれる様なプレーを期待したい。私が子供の頃に夢見たことを叶えてくれる事を本気で願っています。
順調に行けば5月にはリーグ戦とコッパイタリアで2つのダービーがあります。そこで倍返ししてくれ!!!

Forza Milan  !!!!