2013年2月アーカイブ

20130203.jpeg
*仲の良さそうな二人。ハーフタイムに入った時や試合終了後にもプレーに関するであろうことを話していました。二人とも本当にやりやすそうでしたね。


3連勝!!
4位浮上!!
バロテッリのドッピエッタ!!!
BRAVO !!!

先の試合でも良くなってきているミランの内容を書きましたが、この試合の前半なんかは今季でもベストパフォーマンスに入る位良かったように見えました。ウディネーゼとの試合でこんなに内容で圧倒したのはここ数年では久しぶりな気がします。今日は新加入のバロテッリや良かった内容について書きたいと思います。

◎YES ALWAYS BALO!!!
バロテッリは今シーズン最初からチームにいたんじゃないかという位馴染んでおりました。特に3トップの連携は素晴らしく、バロテッリも守備をしっかりとしていたので守備も壊れませんでした。
バロテッリを見ていて良かったと思う所は、彼が入ったことで縦に早い展開が増えた事。遠目からでもシュートの意識が高いのでこの試合はシュート本数19本といつにも増してシュートが多かった。プレーの切れ目もシュートで終わる事が多かったです。それにフィジカルが強く、テクニックもあるので流動性や前線での仕掛けが増えました。周りを使う意識もあったのでニアンやエルシャーラウィが伸び伸びとプレーしていました。特にニアンはよくバロテッリに使われていましたね。一緒にプレーすることでニアンの成長にも繋がりそうです。1試合目でこんなに連携が良かった選手は長年見ていても珍しい事だと思います。このままハードワークを続けて欲しい・・・。

◎機能していた3センター
中盤の3枚がとても良かったです。フォアチェックが早く、パスコース潰しやボール奪取がとても上手くいっていました。特にモントリーボが良くなってきました。アンブロジーニばりのチェックの早さで敵を自由にさせず、持ち前のテクニックでキープし、サイドチェンジや組み立てを上手くこなしていました。恐らく彼は今凄くコンディションがいいのでしょう。3センターの真ん中をやる事でカードが増え次の試合は出場停止ですが、それはしょうがない事でしょう。とても頼もしい存在になってくれました。
ノチェリーノとフラミニは持ち味である前線でのフリーランを思う存分やってくれました。まだ二人が上がるタイミングのバランスが取れていなくて、同時に上がってしまって中盤に穴をあけてしまう事も多かったですがそれも今後の課題ですかね。特にフラミニが良く最前線に顔を出すことでアバーテがそこの穴を埋める形でボールに絡む回数も増え、右サイドがストロングポイントになってきています。
対バルセロナ戦を意識したチーム作りをしてきているのは明確ですが、ここまで良くなってくると少し期待してしまいますね。

◎バルセロナ対策
バルセロナに一番有効なミランの戦い方は、カウンターの鋭さを磨く事です。無失点に抑える事はほぼ不可能なので、撃ち合いに持ち込んでこちらのペースに巻き込めたら勝機が見えます。
ここ最近の試合では要所要所にバルセロナを意識した改善点が良く見られます。前線からの組織的な守備やプレースキック時の守り方、そしてサイドからの攻撃。出来るだけ相手ゴールの近くへ早くボールを運ぶ事が重要です。それを踏まえた所で今後の課題は、プレッシャーのかかっている所でのプレーの正確性だと思います。この試合でも多々見られたのですが、相手ゴール近くにボールを運んでもプレーが淡白で正確性を欠く事が多かったです。ここをもっと意識して、早く味方をサポート出来る所へのポジショニングをもう少し考える事と、味方の動き方をもう少し理解する事。総じて言うと連携をもっと深める事ですね。今のチームはまだまだ発展途上中なので多くの事を完ぺきにこなせるとは思っていませんが、このままチームが成熟していけば凄いチームが完成するような気がします。まだまだ先の話かもしれないですが、この試合の前半を見ているとそれを期待せずにはいられませんでした。


あまりにも良い試合をしてくれたので少し良く書きすぎましたかね(笑)
でも今のミランは本当に良い内容で試合をしています。とにかくこれを継続して欲しいです。まだまだムラが多いのが欠点ですからね。
このまま連勝を続けて欲しいです。
ちなみにこの試合で話題になった試合終了間際のPKですが、私的には試合の流れを見ていると妥当な判定であると思います。この試合のウディネーゼはファールが多く、この場面以外でもPKをもらってもいいような所もありましたしね。あの1プレーだけを見たら微妙かもしれませんが、試合には流れがありますからね。それまでのプレーの印象が悪かったんでしょう。

FORZA MILAN !!!