2010年7月アーカイブ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
「補強のためにマーケットで動くか? それはないと思うよ。まあ、様子を見ていこう。ビッグネー ムの誰も出ていくことはない」
「本田? 彼は問題だよ。(CSKA)モスクワから彼を獲得するのは難しい。EUのパスポートを持っていないからね。(外国人枠を一つに削減すると決定した)イタリアサッカー連盟に聞いてくれよ」
また、去就が騒がれているMFジェンナーロ・ ガットゥーゾについて、ガッリアーニ副会長は「昨晩(27日)、状況が良くなったよ。(マッシミリアーノ・)アッレグリ監督と一緒に会ったんだ。落ち着きを取り戻したと言えるんじゃないかな」と、残留に向かっていることをほのめかしている。

ミランのガッリアーニ副会長は28日、今夏のマーケットについて、ビッグネームが移籍することは ないとの見解を示した。一方で、獲得に関しても大きな動きがないことをほのめかしている。注目の日本代表MF本田圭佑の獲得については、外国人枠の問題から難しいとの考えを明かした。

本田のミラン移籍には課題が多そうですね・・・
本人もボランチでのプレーは望んでいないそうですしミランではトップ下のポジションで向かいいれることは難しいですしね。まぁ決まるとしても8月末かウィンターブレイクまで行くでしょう。

ガットゥーゾの残留も決まりかけているようです。誰か選手が出ない限りは新加入選手が来ることはないと明言しているだけにこのままシーズンインすることが濃厚となりました。

この間のフレンドリーマッチでのヴァレーゼ戦のハイライトを見ましたが明らかにレベルが低い選手が何人か見受けられました。特にディフェンス陣のヤンクロ、カラーゼ、オッドの3人。ここら辺を切って新人たちが見たいですね。カラーゼに関しては本当にレベルが低いです。単なる頭数合わせにしかなっていないのが現状です。
ポジティブな要素としてプリマヴェーラ上がりの選手たちが元気ハツラツだった事。
アッレグリは新人を積極的に使うタイプの監督なようですのでここら辺には期待したいところ。

今年のミランの課題は例年にもれず「新陳代謝」。
若い選手たちからレギュラーに定着するクラスが2~3人出てくれればと思います。思いきった起用に期待したいですね。去年のこの時期もこんな事書いていた気がしますが(笑)
「我々は本田との契約に近づいている。合意にとても近づいていると見ている」
「(ミラン監督のマッシミリアーノ・)アッレグリは、本田をとても気に入っており、パトとロナウジーニョとプレーするのを見たがっている」
Goal.comUK版は、ミランが日本代表のCSKAモスクワMF本田圭佑の獲得に近づいていると報じている。ミランに近い関係者が明かしたとしている。UK版によると、ミランは1090万ポンド(約1300万ユーロ)でオファーしたが、これに対しCSKA側は1250万ポンド(約1500万ユーロ)へ増額したようだ。

私の記憶が確かならばミランの本田に対するオファーは1500万ユーロまでで計算していたはず。
そうするとかなり高い可能性でチーム間同意が得られるだろう。後は本田がどう考えるかという問題だけだ。
ジャポネーゼがミラニスタになる。
これは私が昔から思い描いていた夢である。

しかし、もうちょっとミランというチームは遠い存在でいて欲しい事も事実。

少し前までは飛ばし記事だろうとしか考えてなかったですが、ここまでの情報が出てくるとにわかに噂だとも言い切れない。

何だか複雑な気持ちです。
お陰さまでミラニスタも2周年を迎える事が出来ました。
一重に皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!!!

ワールドカップ期間中という事もありイベントを企画する事が出来ませんでしたが
皆さまへの感謝の気持ちを込めて、何か出来ればと思っております。

数多くある飲食店の中からいつもミラニスタをチョイスしていただいている皆さまに
心よりの感謝いたします。

これからも頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

ミラニスタスタッフ一同より