2009年12月アーカイブ

大晦日

| | コメント(0) | トラックバック(0)
今年もとうとう残すところあと1日となりました。
皆様にとって2009年はいかがだったでしょうか?私にとってはとても充実した1年になりました。

思い返してみれば今年は日本経済にとっては最悪な年でしょうね。失業率が6%近くまでいっていた時期もありましたし、私の周りでも職探しをし続けている人もいます。そんな中お店を維持出来たということは本当に幸せに思っています。仕事ができる喜びを改めて知った年でした。それも一重にこんなお粗末なブログを読んで下さるような皆様のおかげです。心から感謝、感謝であります。
皆様に愛され続けられる魅力的な店づくりを今後とも勉強していきたいと思っておりますので、皆様どうか来年もミラニスタをよろしくお願いいたします。

皆様にとって2010年が良い年になります事を心より願っております。

よいお年を!!!

                                        ミラニスタより愛を込めて。
                                        byキャプテン

師走は幸せ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
師走の忙しさにかまけてブログの更新を怠けてしまいました・・・

しかし今月は忙しいですね。イベント目白押しですし、大型連休前の仕事納め等々。ミラニスタ的にも私的にも仕事が山ほどあって本当に忙しいです。

しかし、不況不況といわれていますがミラニスタの中では笑顔があふれていてそんな事を忘れてしまいますね。本当に素晴らしいことだと思います。
笑顔は人を元気にしますね。

さて、今年も残り1週間です。

皆様、やり残した事はないですか?

私は沢山ありすぎて現実逃避してますよ(笑)

何?!

| | コメント(0) | トラックバック(0)
セリエAは19日、フィオレンティーナ対ミランとボローニャ対アタランタの2試合が予定されている。しかし、天候不良により、延期になる可能性があるようだ。イタリア各メディアが報じた。

イタリアにはここ数日、強烈な寒波に襲われており、大雪に見舞われる地域が増えている。そのため、観客の安全やピッチコンディションを考慮し、延期が検討されているそうだ。

仮に試合が開催されたとしても、蛍光ボールの使用やラインの色を変えるなどして、雪への対策を考えることになるという。

今日が年内最終戦なのに延期なんて・・・
でも今ノリノリのヴィオラはきついかな・・・
どうなるんですかね?

CL ベスト16 1回戦

| | コメント(0) | トラックバック(0)
16504_big.jpg現地時間17日(以下現地時間)、チャンピオンズリーグ(以下CL)の決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会 が行なわれ、マンチェスターU(イングランド)はミラン(イタリア)と対戦することが決まった。また、インテル(イタリア)はチェルシー(イングランド) とベスト16で対戦することとなった。

 一昨季の王者マンチェスターUは、1回戦でミランと対戦。ミランには1月から、かつてマンUのスター選手として名をはせたMFデイヴィッド・ベッカムが 加入するということもあり、楽しみなカードとなった。また、イタリア王者インテルはチェルシーと対戦。ジョゼ・モウリーニョ監督にとっては古巣との顔合わ せとなっている。

 昨季王者バルセロナ(スペイン)はシュトゥットガルト(ドイツ)とベスト16で対戦。一方、今季開幕前に大型補強を敢行したレアル・マドリー(スペイン)はリヨン(フランス)との対決が決まった。

 このほか、アーセナル(イングランド)はポルト(ポルトガル)と、バイエルン(ドイツ)はフィオレンティーナ(イタリア)と激突。フランス王者ボルドーはオリンピアコス(ギリシャ)、セビーリャ(スペイン)はCSKAモスクワ(ロシア)と対戦する。


またマンUですか。そうですか。

ここ5試合位は負けなしなんですがさすがに最近は状況が違いますから・・・
しかしこのドローの結果については私的には楽観的です。チェルシーやバルセロナでなくて良かったなと。しかも最近は調子があまりよろしくないようで。
まぁ様子を見てみましょう(笑)

カリスマの残留

| | コメント(0) | トラックバック(0)
15411_big.jpg「リーノ(ガットゥーゾ)はミランとの契約を延長することに決めた。そうすることで、彼は不滅のミランの一部となる。ここでキャリアを終えることは間違いないだろう。だから、完全にマーケットからは外れたということだ」
「ガッリアーニ副会長にとっては、彼が契約を延長するのかどうか、目を見るだけで十分だった。ガットゥーゾにとっては直接クラブや監督と会うだけで良く、それが実現した。本当の交渉があったというより、沈黙と目を見ることだけで、この良い結果にたどり着いたんだ」
なお、ガットゥーゾは新契約で年俸が減額(30%と言われる)されたが、ダミーコ氏は「普通のことだ。年齢や特別な理由からではなく、今は世界がそういう方向に進んでいるからね」と話している。

嬉しいですね。
年齢による衰えは隠せませんがやっぱり彼はガットゥーゾです。存在によって周りに与える影響の大きい選手です。しかも彼は昨年の財政難の時に率先して減俸を受け入れる旨の声明を出していました。こんなにミランを愛している選手を放出することは愚の骨頂です。恐らく彼の存在が本当に必要になるのはシーズン後半の疲れが出てくる時期。この時期はメンタルの強いチームしか生き残れません。パオロ・マルディーニが去った今、彼のようなメンタルの強い選手が必要なのです。
早く怪我を治してまた闘志あふれるプレーを見せてもらいたいものです。左腕にキャプテンマークをつけた彼の雄姿を。

ベスト16

| | コメント(0) | トラックバック(0)
16414_big.jpg

内容が悪い試合ながらもなんとか突破することができました。
2位通過は厳しいのですが開幕直後の悲観的な状況を考えればまずまず悪くないでしょう。
ムラがありますがいい状況の時はいいサッカーが出来ているのでこれから始まるノックアウトステージも期待しましょう。
しかしながら、負傷退場したチアゴ・シウバの状況は良くないそうです。うまくいけば来年のユべントス戦までには復帰できるようですが、それもまだわかりません。本日公式にて発表される見通しです。彼は今ミランに欠かせないピースです。早期回復、そして今後に影響がないことを期待しましょう。
来年2月より始まるノックアウトステージの抽選会は今月18日の金曜日です。20時から生放送がありますのでそちらをじっくり見ようと思います。お店でも放送しますので気になる方々はぜひとも見に来て下さい。

FORZA MILAN !!
scr0905281113007-p1.jpg

1日深夜、フランスで発表された2009年のバロンドール。見事栄冠を手にしたのはリオネル・メッシ。アルゼンチン人としては初めての受賞で、22歳と歴代屈指の若さでの選出となった。誰もが納得の受賞だった。08-09シーズンが開幕すると同時に、多くの人がメッシこそ世界ナンバーワンの選手で、バロンドールにふさわしいと確信していたに違いない。2008年の同賞はクリスティアーノ・ロナウドに譲ったメッシ。もちろん、ロナウドも素晴らしいシーズンを送っていたが、メッシほどの出来ではなかったとの意見もあった。ただ、賞の投票数ではロナウドに及ばなかった。それでも、次のシーズンまで好調をキープ。2009年は文句なしの選出だった。ケガによる長期の離脱や調子を落とすこともなく、ライバルの追随を許さず。圧倒的な獲得ポイントもそれを裏づけている。獲得可能な480ポイントのうち、史上最高となる473ポイントを得て、昨年のロナウドのポイント数を27も上回った。世界中のサッカーファンや専門家はもちろん、コーチや選手からも、年間最優秀選手だと認められたメッシ。今年はそれにタイトルも加わった。

確かに去年のメッシの出来には文句なしですね。ここ数年はカカー、ロナウジーニョ、シェフチェンコなどの受賞以外は首をひねりたくなるような受賞者もいましたが去年は文句ないです。あ、気がつけばメッシ以外は全員ミラン在籍経験者ですね(笑)

ミランというチームには過去からこの賞には縁があります。ジョージ・ウェア、歴代最多獲得のファン・バステン、ルート・フリット、ジャン=ピエール・パパン、ジャンニ・リベラ。受賞後に移籍してきた選手も数多くいます。そして私の大好きなパオロ・マルディーニも94年と03年には第3位まで獲得しております。

今度はパトが受賞する番ですね。今後を楽しみに待っていたいです。

kyotai.jpg
12月1日より1台のダーツ台が新しくなりました。
上記の写真の台なんですがターゲットが光って色々な演出をしてくれます。モニターも大きくなり見やすいです。何よりも新しい機能やゲームがたくさん追加されていて楽しい感じに仕上がっております。
11月30日にはGMシングルストーナメントを行い、たくさんのプレイヤーに集まっていただき大盛況のもと開催することができました。なおこの日の模様は別日のブログにて紹介させていただきますが色々な方の肖像権の問題もありますので確認が取れ次第ということで・・・。
最近ミラニスタのダーツが盛り上がってきました!! 皆さまのおかげです。ほんとうにありがとうございます。これからも色々と頑張りますのでよろしくおねがいします。

ちなみに私は今日通信対戦をしていたら、今年のダーツライブクイーンの阪口ゆりあさんと当たりました。かわいかったです(笑)
皆さまも通信対戦して有名人たちとゲームを楽しんじゃってください♪

当然の声明

| | コメント(0) | トラックバック(0)
558_big.jpg

「アレシャンドレはまだ20歳で、非常に(獲得を)望まれている。だが、我々はカカーを失ったんだ。これ以上の選手を失うわけにはいかない」
「今のガットゥーゾが試合に出ていないのは、彼がケガをしているからだ。だが、クラブは彼に残るように頼んだよ。彼は残留するさ。私はそう確信している。ほかのクラブに行っても、ここと同じようにポジション争いはあるはずだよ」

当然です。
だがしかし、リッキーの放出によってファンは疑心暗鬼になっています。それもそのはず、私の記憶の中では自分から出ていきたいという意思表明がない限り一度たりとも選手を手放したことのないチームだからです。それがミランのDNAであり私の大好きなミランです。
リッキーに関してはやむもやまれぬ経済状況があり泣く泣くの放出でしたが、それでもやっぱりいまだに許せません。どうしても。

二度とミラニスタ達を悲しませるようなことは繰り返してはなりません。