2009年11月アーカイブ

16307_big.jpg

努力をすることは誰にでもできます。
いや、それすらも才能が必要なことかもしれません。努力をし続けることは本当に辛く、不安がいっぱいで、たまには自分の存在すら不毛なものに思えてくるものです。
だからこそ、その努力が報われた瞬間を目撃すると誰もが心を奪われます。

昨日その瞬間を目撃することができました。

試合終了後にチームメートが彼のことを笑顔で叩きまくってるのを見た時に、私は彼が本当に努力を続けてきた人間なのだと確信しました。

おめでとうクラース!!!
そして、ようこそACミランへ!!!




29日に行われたセリエA第14節、カターニア対ミランの一戦は、2-0でアウェーのミランが勝利を収めた。
前半からテンポが遅く、拮抗した展開の試合は、後半に入ってもペースは変わらず。大きく沸くシーンをほとんど迎えないまま、終盤まで進んでいく。
レオナルド監督がようやく勝負を仕掛けたのは、74分。ボリエッロに代えてインザーギを投入すると、84分にはフンテラールも送り出して前線に厚みを持たせ る。するとロスタイム、ロングボールをインザーギが落としたところに、フンテラールが強烈なシュートを叩き込んでミランに待望の先制点が生まれた。
さ らにフンテラールはその2分後、ペナルティーエリア付近から見事なループシュートで加点。移籍後初の得点に加え、ドッピエッタ(1試合2得点)も記録して チームに勝ち点3をもたらした。ミランはこの勝利で勝ち点を28に伸ばし、同日の試合で敗れたユヴェントスを抜いて2位に浮上している。

フランス『フランス・フットボール』は29日、今シーズンのバロンドールの最終候補者10名を発表した。昨シーズンのチャ ンピオンズリーグを制したバルセロナからは、FWリオネル・メッシやMFシャビら4名が選出されている。12月1日に栄えある賞を受け取るのは誰になるだ ろうか?
今回発表された10選手は以下のとおり。
ディディエ・ドログバ(コートジボワール/チェルシー)
サミュエル・エトー(カメルーン/バルセロナ→インテル)
スティーヴン・ジェラード(イングランド/リヴァプール)
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/インテル→バルセロナ)
アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
カカー(ブラジル/ミラン→レアル・マドリー)
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリー)
ウェイン・ルーニー(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド)
シャビ(スペイン/バルセロナ)


やはり3冠達成したバルセロナからは4人もエントリーしていますね。
今年は文句なしにメッシでしょう。

来年はパトが入ってますように・・・

愚行

| | コメント(0) | トラックバック(0)
16277_big.jpg


昨シーズンまでミランを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督とパトの関係は良好なため、選手側が移籍を受け入れる可能性は考えられる。そして、チェルシーは5800万ユーロの移籍金でミランと交渉するつもりがあるようだ。夏の市場では放出を拒否したミランだが、『リフォルミスタ』によると、現在は状況が違うとのこと。ミランはチームの改革を考えており、パトを手放すことで新たな戦力を迎えたい考えもあるという。

昨年あれだけミラニスタから反感を受けておいてこれはないでしょう。

これはあくまでも海外紙の書いた飛ばし記事だと思いますが、これ以上ファンを裏切る行為はやめていただきたい。こんな愚行を繰り返すのであればスタジアムには誰も行かないでしょう。

煮え切らない結果

| | コメント(0) | トラックバック(0)
16261_big.jpg

『最近の試合のようにとてもよいスタートを切ることができていたのだが、すぐに同点ゴールを決められてしまった。また終盤にかけて、マルセイユが勝利への 気持ちをもろに受けてしまう形となった。我々も何度か反撃をしかけ、シュートまで持ち込もうとするが正しい道を選択できていなかった。
金曜日に彼らが国内リーグ戦を行い、我々が日曜日に行ったことはフィジカル面において影響があったと思う。マルセイユが90分間走り続けることで、我々の 守備にさく時間が増えミランのスタイルを打ち出すことができていなかった。今日は輝きを失っていたが、最後まで耐えることができたことが収穫であっただろう。
ロナウジーニョはここ数試合、2列目の位置で相手にとって危険なプレーを多く創造している。しかし今夜はパトを含めてプレーする位置が低すぎた。
カターニア戦には、ピルロが出場することができない。我々のゲームの核(創造の源)を失ってしまうわけだが、チームのスタイルは変わらない。
最終節のチューリッヒ戦については、まずは自分たちが勝つことだけに集中する。その後に、マルセイユの結果を見ることにしよう。』

新人監督らしさがレオナルドには足りませんね。
昨日の試合なんかは明らかにセードルフの動きが悪いにもかかわらずそのまま使い続け、結局交代枠を2つ残したままで戦い続けてのドロー。チーム状態がいい時には変化させるのが怖いというのはわかりますが、それだけでは勝ち続けることは不可能です。絶対に。
これだけの試合量をこなしながら勝ち続けるためには色々なチャレンジが必要です。たとえ失敗してもそのデータが後々に響いてくるのです。新人ならなおさら様々な経験が必要なのに。

この結果でよしとしているフロントには疑念を感じざるを得ません。チーム状態がいい今だからこそ必要なもの、それは新しいことへのチャレンジであると私は思います。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
leonardo.jpg

「我々はドローを狙ったりはしない。勝利を望んでいる」

最近のレオナルドには頼もしさすら感じます。
攻撃偏重のスペクタクルを追及したフットボールがどこまで通用するのか見たいですね。
出来ることなら最後まで・・・

とにかく今日は大事な大一番です。
ひたすら応援したいです。

ALE ALE MILAN !!
FORZA MILAN !!

ダーツ活動

| | コメント(0) | トラックバック(0)
先日、ミラニスタダーツチームより3組がMEDALIST JAPAN TOURNAMENTに出場してきました。
フライトは3組ともAフライト。全組ともに決勝トーナメントまで勝ち上がることを誓い予選ロビンに挑みましたが、2チームがまさかのロビン落ち。実力のある2チームだけに非常に残念でした。正直あまり自信のなかった私キャプテンとサツサさんペアがまさかのロビン全勝にてロビン抜け。
決勝トーナメントでは初戦を勝利で飾りベスト8入り。しかしそこまででした・・・
キャプテンの不甲斐ないダーツによって5位入賞という結果で終わりました。初参加でこれは上出来ですかね。とても楽しかったので今度は12・12のPHENIXトーナメントにも出場しようと盛り上がり、現在調整中です。大きい大会には初参加でしたが本当に楽しかったです。

そして23日にはタクボン主催のハウストーナメントをミラニスタにて行いました。
ゲーム内容は501-CR-パーティーゲームチョイスと無茶苦茶でしたがこちらも笑いが絶えない面白い大会になりました。ルールなんてあってないようなもん。なんでもありのハウトーは本当に楽しかったです。おそらく参加者全員がレーティングを落として帰ったでしょう(笑)
ダブルス優勝はかもみろさんとセリちゃん。
準優勝は主催者のタクボンとのんちゃん。
その後に行われたシングルスでは最近のぼり調子のシンイチさんが優勝でした。
いやー楽しかったですね♪ タクボンまた企画してくださいね。

そしてこれは告知です。
来週の30日の月曜日。ミラニスタ初のシングルスのみのトーナメントを行います。
これは「色々な所のうまい人たちを呼んでシングルスをやっちゃいましょうよ。」という和孝の発案から始まったのですがこれまたいろんな人が参加表明してくださいました。
まずは和孝と同じグループで、先に行われたSUPER DARTSエリア予選も優勝したメルヘン雅さん。
そして、説明不要のプロダーツ選手、ジョー龍神さん。中野moa店長の吉moaんざいさん。大山RiskプレーヤーのRyu#199さん。そのほかにもまだまだいます。
今回は優勝トロフィーも用意しましたんで皆さまぜひぜひご参加ください。まだ少し参加枠が残っております。もちろん見学もOKです。
20時集合の21時開始ですので皆さまよろしくおねがいします。詳しいことはスタッフまでお尋ねくださいませ。

最近のミラニスタのダーツ活動をざっと書きました。
なんか眠気で文章がおかしいのはご容赦ください(笑)

CL大一番到来

| | コメント(0) | トラックバック(0)
3_1.jpg

「僕らはグループ通過まであと1歩というところにいて、ミランは絶対にそれができると信じないといけないけど、単にベスト16に入るというだけじゃない、 僕らは頂点に立つべくこの大会に出ている。このチームには最高峰を見なきゃいけないというDNAが組み込まれていて、それが僕らを後押しするんだ。明日の 一戦のように厳しい試合に挑みたいと僕らは心から思っている。マルセイユはすごく力のあるチーム、だからアウェーで僕らはとても貴重な結果を得た。あのと きは後半になってはじめて彼らの実力がわかった。マルセイユはすごいチームだと僕らは思っている、だからこそ彼らの力を肝に銘じつつ自分たちのサッカーを しないと」

CLグループリーグ1番の踏ん張りどころであるマルセイユ戦の前日記者会見でのセードルフの談話です。
現在のミランは本当に調子がいい。
この間のカリアリ戦でも撃ち合いを制しての4対3。4連勝中と好調のカリアリを力でねじ伏せた格好になりましたが心臓に悪い試合でした(笑)
去年のバルセロナがそうであったようにこの調子が来年5月まで持続できればタイトルも夢ではないかなと。そう思わせる何かを今のミランは持っています。

とにかく明日のマルセイユ戦は重要な試合です。慎重に、そしてミランらしいスペクタクルなフットボールを見せて欲しいです。

FORZA MILAN !!!

ミラニスタの心境

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「ミランとの話は終わったわけじゃない。最近、ヴォルフスブルクのフロントと話をしたけど、来夏に僕が移籍を望んでいるこ とは知っている。マンチェスター・ユナイテッド? 僕は子供のころからミランのファンなんだ。テレビで試合を見ていたころからね。だから、来シーズンはミランでプレーしたいと思っている」

いやー、僕もミランでプレーしたいです(笑)

これは今年の夏に移籍交渉していたエディン・ゼコ選手の談話です。
来年の夏には決まっていて欲しいですね。

さて!!
明日は日本代表戦です♪
アジアカップ予選ですが大事な戦い。慎重にいって欲しいです。
香港相手なので色々なチャレンジをしていくと思います。そろそろ本田と俊介の共演が見てみたいですね。明日に期待です!!!

今日も寒いですが皆さま風邪などひかれぬようご自愛くださいませ。

寒いですね

| | コメント(0) | トラックバック(0)
本当に冷え込んできました。
冬の足音がもうすぐ背中まで・・・スノボーしたいっす!!
そろそろホットカクテルとかお湯割り焼酎とか美味しそうですね。
ソフトドリンク派の方はホットウーロンとかですかね。
私的おすすめはホットバタードラムかな。あれはうまいです。

さて、冬が来たということはそろそろ気になるのが冬の移籍状況。
あ、フットボールの話です(笑)
ミランの冬は世代交代の冬になりそうです。気になる記事がありましたのでペタペタしときます。

1月のマーケットでイングランド代表MFデイビッド・ベッカムとガーナのU-20代表FWドミニク・アディアーの獲得が決まっているミラン。一方でクラブは、近いうちに契約が満了となる選手たちの今後についても検討している。
まず、GKジーダとDFジュゼッペ・ファヴァッリについては、契約が延長されることはないと見られている。ファヴァッリは現役を引退し、レオナルド監督のスタッフとして今後もチームに残る可能性があるようだ。
一方、GKマルコ・ストラーリの負傷でゴールマウスに復帰して以降、評価を再び高めているジーダだが、1月の放出という可能性も除外はできないようだ。同選手はミランが移籍金を手にすることができるようにと、1月にブラジルへ戻るかもしれない。
また、今シーズン終了後にはFWフィリッポ・インザーギも契約満了を迎える。ただし同選手については、"いつものように"契約が延長されると見られている。
そ のほか、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』によると、DFアレッサンドロ・ネスタやDFカハ・カラーゼ、MFアンドレア・ピルロ、MFマッシモ・ アンブロジーニ、MFジェンナーロ・ガットゥーゾなど、多くの選手が2011年6月に契約を満了を迎え、その数は11名にも上るという。
全員が契約を延長するのは難しいと見られ、それだけに今後の展開が注目される。一方で、若返りを図るミランは、カリアリDFダヴィデ・アストーリやパルマFWアルベルト・パロスキを復帰させるのではないかと言われる。

いやー、日本でも大改革が政治の世界で行われていますが、我らがミランも大改革のにほいが・・・
これが実現すると一気にチームが若返りますね。
うまい具合にベテランと若手のバランスのとれたチームにして欲しいものです。

クリスマス休暇以降もミランから目が離せませんね!!
今週は各国のリーグ戦はお休みで国際Aマッチウィークです。
我が日本代表は14日(土)と18日(水)にそれぞれあります。日本代表は新ユニフォームが発表され、南アフリカで使用するユニフォームでの試合となります。なかなかシックでかっこいいですよ(笑)私も早速来年に向けて一枚予約しました♪

今週の目玉の試合はやはり、
イングランドvsブラジル
スペインvsアルゼンチン
フランスvsアイルランドですかね。
フランスに関してはW杯のプレーオフになるので絶対に負けられません!!
フランスのいないW杯はつまらないですからね。アネルカ、リベリー、マルーダ、アンリと前線に強力なアタッカーがそろっているフットボールは楽しみです。ケガ人に苦しんでプレーオフに回っていますが期待したいところです。

今週は各国代表戦好きにはたまらないですな♪
詳しくはイベントインフォメーションにてスケジュールを確認してくださいませ。
今週は各国のリーグ戦はお休みで国際Aマッチウィークです。
我が日本代表は14日(土)と18日(水)にそれぞれあります。日本代表は新ユニフォームが発表され、南アフリカで使用するユニフォームでの試合となります。なかなかシックでかっこいいですよ(笑)私も早速来年に向けて一枚予約しました♪

今週の目玉の試合はやはり、
イングランドvsブラジル
スペインvsアルゼンチン
フランスvsアイルランドですかね。
フランスに関してはW杯のプレーオフになるので絶対に負けられません!!
フランスのいないW杯はつまらないですからね。アネルカ、リベリー、マルーダ、アンリと前線に強力なアタッカーがそろっているフットボールは楽しみです。ケガ人に苦しんでプレーオフに回っていますが期待したいところです。

今週は各国代表戦好きにはたまらないですな♪
詳しくはイベントインフォメーションにてスケジュールを確認してくださいませ。

王の帰還

| | コメント(0) | トラックバック(0)
C_27_articolo_27778_GroupArticolo_immagineprincipale.jpg

サンシーロにリッキーが帰ってきました。
複雑な感情が湧きますがこんなにも早くリッキーがサンシーロに帰ってくるとは思いませんでした。リッキーのことは今でも好きです。店にはいまだにリッキーのビックイヤーを掲げているサイン入りフォトが飾ってあります。試合中以外ではいつでも彼に拍手を送っています。
サンシーロでもミラニスタ達が横断幕を飾っていました。
 「ありがとう、カカー。6年間の素晴らしい感動を忘れることはできない。でも今夜は、君が聞くのは『オレたちはミランがゴールを決めるのを見にここまで来た』になる
これはもちろん、「オレたちはカカーがゴールを決めるのを見にここまで来た」という彼に捧げたミラニスタのチャントをもじったものです。一部のファンはブーイングしていたようですが、それは人それぞれの事なので。しかし、試合が始まるとそれは全く別問題です。ダイブをすればブーイングを浴びせ、ファールまがいのタックルでボールを奪えば歓声が上がります。私も試合中のリッキーに沸き起こる感情はまさに敵に対するそれでした。リッキーの移籍に関してはすべてのミラニスタが不満に思ったことだと思います。理由は財政的な問題だけでミランとの関係は非常に良好だったからです。しかしまぁもう終わったことなのでこれで終わりにしましょう。

ホーム&アウェイでレアルからは勝ち点4を奪いました。現在はレアル、マルセイユと並んでの勝ち点7。残りの2試合で勝ち点4以上上げることができれば決勝トーナメント進出は固いでしょう。
「CLはミランのDNA」
現在調子を上げているミランがこれ以上のオートマチズムを作り上げることができるのであればCLでいい結果を得られるはずです。みんなで我慢強く見守り続けましょう。

FORZA MILAN !!!

*写真はベルナベウでの第3節でのものです。
試合内容参照
http://news.livedoor.com/article/detail/4430952/


b_0000004269_382d8a3a.jpg

ミランが岐路を迎えています。
現在ローマ戦から4勝1分け。見事なまでにスタートダッシュに失敗したレオナルドミランは今季最高の状態を迎えています。セリエAの順位も現在4位。2位のユべントス、サンプドリアとは勝ち点2差。周りが失速している中で唯一と言っていい好調をキープしている要因は、CL第3節のアウェイでのレアルマドリード戦での逆転勝ちが挙げられます。
ミランはCLに強い。
そこにはミランのアイデンティティがあるからです。
だからこそこの勢いを止めないためにも明日のレアル戦はどうしても結果が欲しいところ。

現在サンシーロに詰め掛けるミラニスタの数は少ないです。
開幕直後の体たらくからチームに対する信頼が薄れているからでしょう。明日はおそらく8万人は入るでしょう。その状態でミランは示さなければいけません。
ミランのアイデンティティを。

11月3日
深夜4:30~
ミランvsレアルマドリード
CL第4節

レオナルドミラン最大のターニングポイント。
みんなでミランを力いっぱい応援しましょう!!!

FORZA MILAN  !!!
FORZA MILAN  !!!
FORZA MILAN  !!!

参考
http://number.bunshun.jp/europe/column/view/4269/